なぜ戦争が始まるのか 

映画からその訳を探ってみようby亀仙人2世

ソビエトのアフガン侵攻をくじき、ソ連崩壊に導いたアメリカ下院議員チャールズ・ウィルソンの物語 映画 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」

time 2017/11/28

ソビエトのアフガン侵攻をくじき、ソ連崩壊に導いたアメリカ下院議員チャールズ・ウィルソンの物語 映画 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」

sponsored link

亀仙人2

映画 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」

2007年 アメリカ

1979年から始まったソ連のアフガニスタン紛争に対して、下院の国防歳出委員会メンバーてあったチャールズ・ウィルソンは旧ソ連軍に対するCIAのアフガン支援の秘密予算を年間500万ドルから10億ドル(最終的に総額67億ドルになった)に増やし、最新の武器を手にしたムジャヒディン(イスラム聖戦士)がソビエト軍をアフガニスタンから撤退させることに成功した。

ソビエトは、アフガニスタン侵攻に失敗したことをきっかけに崩壊しました。

ウィルソンは旧ソ連軍をアフガニスタンから撤退されせた功績を認められ、民間人として初めてCIA職員しか贈られていなかった功労賞を受賞しました。

こう書くと堅苦しいイメージがある彼ですが、実際は酒好き、女好きでワシントンの職員に伝統を破って女性を雇ったり(女性の権利を支援するとの名目です)、イスラム教の国エジプトにベリーダンサーを連れ込み、国防大臣を誘惑し交渉を有利に導いたりしました。

チャールズ・ウィルソン(本人) 出典ウィキペディア

監督
マイク・ニコルズ

脚本
アーロン・ソーキン

原作
ジョージ・クライル

製作
トム・ハンクス
ゲイリー・ゴーツマン

製作総指揮
セリア・D・コスタス
ライアン・カヴァノー
ジェフリー・スコール

出演者
トム・ハンクス
ジュリア・ロバーツ
フィリップ・シーモア・ホフマン

音楽
ジェームズ・ニュートン・ハワード

撮影
スティーヴン・ゴールドブラット

編集
ジョン・ブルーム
アントニア・ヴァン・ドリムレン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー [ ジュリア・ロバーツ ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/9/17時点)

 

楽天で購入

 

あらすじ(ネタバレいっぱい)と解説

映画が始まるとチャーリー・ウィルソンがソビエトの戦いに貢献したとして、CIAから民間人として初めて『名誉ある同僚賞』を受ける場面になります。ただこれは裏工作をしたCIA内部での受賞なので参加者は少ないです。

これは良い映画に違いないと思うと、次の場面で度肝を抜かれます。

いきなりオッパイとお尻です。ラスベガスでストリッパーや女優志願の女性たちと一緒にジャグジーに入っている場面になります。ついでにコカインも吸っていたことがバレて後で問題になります。

その時、お風呂の中でCBSテレビのキャスター、ダン・ラザーがアフガニスタンでソ連と戦っているムジャヒディンに支援を呼び掛けているのを見て、助けてやる気になりました。

ワシントンに戻ったチャーリーは国防歳出小委員会の闇予算担当のジムに言ってアフガニスタンの援助資金を500万ドルから1000万ドルに引き上げました。

その夜、テキサスの大富豪ジョアン・ヘリング女史からお礼の電話が入ります。

反共主義者だったジョアンは個人的にアフガニスタン支援の活動をしていたが、チャーリーが国家予算でアフガニスタン支援の金額を増やしたことを知り、チャーリーにパキスタンのハク大統領に会うように手続きをしていました。

選挙の時に資金を出してくれたり、個人的な付き合いのあるジョアンの頼みを断れないチャーリーはハク大統領に会うためパキスタンに行きました。

ハク大統領や軍の将官と会ったチャーリーは1000万ドルの支援に感謝されると思っていましたが、反対に鼻で笑われバカにされます。

ソ連のミグ戦闘機が1機2000万ドル。その半分の予算で13万人のソビエト兵と戦うのにはあまりにも少なすぎたからです。

大統領の願いでペシャワールにあるアフガにスタンの難民キャンプに寄ったチャーリーはあまりにも悲惨な状況にショックを受けます。

ソビエト軍による虐殺の話の中で、玩具地雷と呼ばれるソビエト軍の地雷で両手を失った子供や亡くなった子供の話は特に心を痛めました。

対人地雷PFM-1

映画で玩具地雷と言われているのが、ソビエト軍が空中散布した対人地雷PFM-1です。

大きさは大人の掌ぐらいで重さは75グラム。飛行機からまいた時大きな翼が付いているのでヒラヒラと舞いながら地面に落ちます。

対人地雷PFM-1 出典http://www.geocities.jp/torikai007/1939/landmine.html

色は散布する地形に合わせて塗分けていました。上の写真では左から砂漠・荒れ地用、雪原用、草地・森林地帯用です。

小さなため地雷に触れても死亡することはありませんが、怪我をして戦線から離脱するようになります。

ただ子供がおもちゃと間違えて拾い上げると、大けがをしたりして死亡することがあります。

ワシントンに戻ったチャーリーはCIAのアフガニスタン担当のガスト・アヴラコトス(通称ガス)と共に作戦を練ります。必要な武器はガスの部下で兵器オタクのマイクの試算によると4000万ドル。この資金はチャーリーが国防歳出小委員会の闇予算から捻出することにしました。

武器の調達はガスの仕事です。アメリカがアフガニスタンのムジャヒディンを支援しているのを隠すため、援助する武器はソ連から奪ったという形にしなければなりません。そこで目を付けたのがイスラエルでした。

かって、イスラエルはソビエトから軍事援助を受けていたアラブ諸国と戦って(中東戦争)鹵獲したソビエト製の武器を大量に持っていました。しかし、それだけではまだ不十分です。

今度はソビエトから援助をを受けているエジプトに行き、足りない分を
調達できるようにしました。

さて資金調達を任されたチャーリーは、軍事小委員会の議長と掛け合いますが、予算の増額に同意しません。そこで再びジョアンに頼み込み、小委員会の議長をアフガニスタン難民キャンプに連れていき、増額を認めさせました。

その後援助額は年々増大して、最新式の携帯ミサイルスティンガーも装備できるようになります。

ソビエトは被害が大きくなるのに耐えきれず、1989年2月15日全軍をアフガニスタンから撤退させます。そして2年後、ソビエト連邦は崩壊しました。

しかし、ガスの
「良いことの後には、必ず悪いことが来る。」
との予言通り、アメリカが育てたムジャヒディンは、タリバンやアルカイダとなって、今度はアメリカに向かって牙をむいてきました。

ソビエトのアフガン侵攻でウサマ・ビンラディンがアルカイダを組織した後のお話はこちら ↓

なぜ、アメリカの援助を受けていたウサマ・ビンラディンが敵となったのか

 

このサイトをご覧くださっている皆様へ

このサイトで取り扱っている映画は、DMMの宅配DVDレンタルで借りたものです。

DMMに入会すると、希望するタイトル(あらかじめリストに登録しておきます)が2枚づつ封筒に入れて、郵送されてきます。返却は同じ封筒に入れて郵便ポストに投函するだけです。

近くにビデオレンタル屋さんがない所などでは、助かると思います。

またこのサイトで扱っている映画のDVDは、店舗に置いていないことが多いため、探したり取り寄せてもらったりする手間を考えると、望む商品を直接自宅に届けてもらえるこのサービスは、大変重宝しています。

今はやりのネットによる動画配信サービスよりも、はるかに多い約44万タイトルのDVDを扱っておりますので、なかなか手に入りにくい映画も見ることが出来ます。

現在30日間無料体験サービスを行っておりますので、一度試してみることをお勧めいたします。



 

sponsored link

亀仙人2


プライバリーポリシー