なぜ戦争が始まるのか 

映画からその訳を探ってみようby亀仙人2世

映画 「ダンケルク(2017年)」フランスのダンケルク海岸に包囲された40万人のイギリス兵を救出する作戦を、参加した人たちの目から見た映画です。

time 2019/05/22

映画 「ダンケルク(2017年)」フランスのダンケルク海岸に包囲された40万人のイギリス兵を救出する作戦を、参加した人たちの目から見た映画です。

sponsored link

亀仙人2

映画 「ダンケルク(2017年)」

2017年  イギリス、オランダ、フランス、アメリカ合衆国

第2次世界大戦開戦直後、ドイツ軍の西ヨーロッパ侵攻に対してイギリス・フランスの両軍はベルギーに軍を進めました。しかし、ドイツ軍の電撃戦により、両軍の兵士40万人が、ダンケルクの砂浜に追い詰められてしまいました。はたして、彼らを救うことが出来るのだろうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[限定版]【初回限定生産】ダンケルク プレミアム・エディション ブルーレイ&DVDセット/フィオン・ホワイトヘッド[Blu-ray]【返品種別A】
価格:2690円(税込、送料別) (2019/5/22時点)

このセットに付属している特典映像のディスクが、大変見ごたえがあり、ためになります。

楽天で購入

 

 

監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン
製作
エマ・トーマス
クリストファー・ノーラン
製作総指揮
ジェイク・マイヤーズ
グレッグ・シルバーマン
出演者
フィン・ホワイトヘッド(トミー/英国陸軍二等兵)
マーク・ライランス(ドーソン/民間船の船長)
トム・ハーディ(ファリア/英国空軍戦闘機スピットファイアのパイロット)
トム・グリン=カーニー(ピーター/ドーソンの息子)
ケネス・ブラナー(ボルトン海軍中佐/防波堤で撤退作戦の指揮を執る海軍将校)
ハリー・スタイルズ(アレックス/英国陸軍「高地連隊」の二等兵)
ジャック・ロウデン(コリンズ/英国空軍戦闘機スピットファイアのパイロット)
アナイリン・バーナード(ギブソン/トミーと行動を共にする無口な兵士)
ジェームズ・ダーシー(ウィナント陸軍大佐/絶対作戦を見守る陸軍将校)
バリー・コーガン(ジョージ/ドーソンに同行する青年)
キリアン・マーフィー(謎の英国兵/ドーソンに救出された英国兵)
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ホイテ・ヴァン・ホイテマ
編集 リー・スミス

映画の感想と解説

ダンケルク撤退の様子を再現フィルムで描いた、ドキュメンタリー映画とみれば素晴らしい。

この映画の評価について、「良い」と「悪い」とはっきり分かれています。

この映画に否定的な評価を下している人たちの大部分は、この映画には物語性がないということです。

つまり一人の主人公が居て、主人公の過去の出来事、考え方・人生観などはすっぱりと省かれています。

ドイツ軍に海岸まで追い込まれた兵士と、それを助けるために奮闘する海軍士官、兵士たちを運ぶためにダンケルクに向かう民間船の船長、脱出を妨害するドイツ空軍の戦闘機や爆撃機と戦うスピットファイア―のパイロットが、描かれているだけです。

3人のカメラマンが居て、ダンケルクの海岸で救助を待つ兵士。その兵士を運ぶためにダンケルク海岸に行く遊覧船の船長、それを空から支援する空軍パイロットをそれぞれ密着取材して撮った映像を再現して、1本の映画にまとめたものとしてみれば素晴らしい出来です。

取材しているカメラマンは、ただ対象の人物に起こる出来事を淡々ととっているだけですが、見る方はそのカメラマンと同行して実際に取材現場にいるような感じを得ることが出来ます。

ダンケルクの戦いとは

映画の舞台となったダンケルクの戦いについて、簡単に説明しておきます。

第2次世界大戦前フランスではドイツ軍の攻撃に備えて、『マジノ線』と呼ばれ強固な要塞群を建設して防備を固めていました。

隣国のベルギーとの国境は、ベルギーを刺激するのを避けるため要塞を建設せず多くの部隊をここに集結させ備えていました。

ただ―ベルギー南部の国境地帯アルデンヌ地方は、深い森におおわれた山岳地帯のためドイツの機甲師団や大部隊の移動が出来ないと見ていて、防備が手薄なままでした。

ドイツがポーランドに侵攻して第2次世界大戦が勃発すると、フランスとイギリスはドイツに対して宣戦布告をします。これに応じて、イギリスの海外派遣軍の大部分も、ベルギーとの国境に配備されました。

ドイツ軍のフランス侵攻時の動き

出典 DIAMOND  ONLINE

1940年5月10日、ドイツ軍はオランダ・ベルギー・ルクセンブルクの3国に侵攻を開始します。

これに応じてベルギー国境に待機していた、英仏軍は一斉にベルギー国内に移動しました。

この時、ドイツ軍は密かに戦車の大部隊をアルデンヌの森を通過させ、たった5日でドーバー海峡まで達してしまいます。ベルギーに移動した英仏軍の主力は背後を突かれてドイツ軍に包囲されてしまいます。

ベルギーに移動した英仏軍は、徐々にドイツ軍によって追い詰められ、ダンケルクとカレーに包囲され孤立してしまいました。

イギリスはこの時、海外派遣軍を30万人送っていましたが、この部隊が全滅する恐れが出てきました。この30万人の部隊が居なくなるとイギリス陸軍が壊滅状態になり、もしドイツ軍がイギリスに上陸した場合、イギリス本土を守ることが出来なくなります。

このため、ダンケルクの海岸に包囲されているイギリス海外派遣軍を救出するため、イギリス海軍の艦艇だけではなく、民間の船860隻を徴収して大規模な救出作戦(ダイナモ作戦)が行われました。

この時の様子が、この映画の舞台となります。

映画の冒頭のダンケルクで、ドイツ軍が撒いていたビラ

出典 cinemas plus 

 ダンケルクの海岸に集まった、イギリス軍とフランス軍の兵士

出典 WW2 Gravertone

ドイツがベルギーに侵攻を開始した1940年5月10日、イギリスではチャーチルが首相に就任しました、

チャーチルは30万のイギリス兵を救うために、ドイツと和平を結ぶべきか、それともイギリスの伝統と名誉を守るためにドイツと戦うべきか悩みました。

それを題材にした映画がこちらです。 ↓

映画 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』チャーチルがヒトラーと戦うことを決意するまでを描いた映画です。

あらすじ(ネタバレいっぱい)

この映画は3つの物語からできています。

最初は 1.THE MOLE(防波堤)で、仲間が全滅して一人になった兵士トミーと、防波堤に作られた仮桟橋で撤退の指揮を執るボルトン海軍中佐が主な登場人物です。海岸から救出されるまでの1週間を描いています。

2番目は2.THE SEA(海)で民間遊覧船の船長と二人の息子が、ダンケルクに残された兵士を救ってイギリスに帰るまでの、1日間の物語です。

3番目は3.THE AIR(空)で、イギリス軍の撤退を妨害するドイツ空軍を、やっつけるために出動したスピットファイアの二人のパイロット、コリンズとファリアのダンケルク上空での1時間の戦いを描いています。

この時間の流れの違う3つの物語が互い違いに出てくるので、後からこの場面がトミー乗っていた船を、民間船の船長から見た場面や、スピットファイアから見た状況だとわかるようになるまで、何が何だか分かり辛くなっています。

あらすじ 前半

1.THE MOLE(防波堤) 1週間

映画の初めに、ダンケルクの街を偵察していたトミーの分隊が、突如ドイツ軍から銃撃を受けトミーを除いた全員が死んでしまいます。トミーは急いでフランス軍の防衛線に逃げ込むことが出来、助かりました。

一人になったトミーが海岸に行くと、死んだ兵士を埋葬している無口な兵隊(ギブソン)に出会いました。二人は海岸で船を待っている部隊の後ろに並びましたが、違う部隊だと言われて追い払われてしまいます。

ドイツ軍の空爆があり、担架に乗せられた負傷兵を見つけた二人は、衛生兵の後を追って病院船に運び、一息つけました。しかし、衛生兵でない二人はすぐに病院船から下船させられてしまいました。二人は監視の目をかいくぐり、桟橋の下で次の機会を待つことにしました。

再びドイツ軍の急降下爆撃機が襲ってきて、トミー達が乗ろうとしていた病院船が被弾して沈没してしまいました。乗船していた英国兵たちは船から飛び降り、次々と桟橋まで泳いできました。

桟橋にいたトミーとギブソンは、泳ぎ着いた兵隊たちを桟橋に引き上げました。その中に高地連隊のアレックスが居ました。トミーとギブソンはアレックスの好意で、高地連隊に紛れ込み、次の船に一緒に乗ることが出来ました。

せっかく乗船出来た船ですが、沖に出たところで魚雷を撃たれ沈没してしまいます。船室で紅茶とパンを食べていたトミーとアレックスは、沈んでいく船の中に閉じ込められていました。沈没を恐れて甲板にいたギブソンが、船室に通じるドアを開けいくれたため船外に脱出しました。

3人は救命ボートに付けられたロープに掴まって、再びダンケルクの浜辺に戻りました。

ダンケルクの海岸で座礁していた、オランダの小さな商船を見つけ、別の高地連隊の仲間たちと潮が満ちて船が浮かぶまでそこに隠れることにしました。

いよいよ潮が満ちて船が浮かぶ直前になって、ドイツ軍からの銃撃を受け潜伏に穴が開き、そこから海水がどんどん入ってきます。

船を軽くするため誰かが犠牲になり、船外に出なくてはなりません。そのためそれまで一言も喋ていなかったギブソンがドイツのスパイと疑われて、外に放り出されることになりました。ギブソンは実はフランス兵で、浜辺で死んでいたイギリス軍の制服を着用して、イギリス兵として脱出するつもりだったのです。そのため英語が話せず、ずっと黙っていたのです。

そうこうしているうちにドイツ軍からの攻撃が激しくなり、沈没覚悟で沖に出ることにしました。沈没直前、救助に来ていてたイギリス海軍の掃海艇を見つけ、船を捨てて、そちらに泳いでいきます。

ここからはあらすじの後半に続きます。

2.THE SEA(海) 1日

ジョージが港に行くと、友人のピーターと父親のドーソンが出港の準備をしていました。なんでも海軍の要請で、ダンケルクまで港に包囲されたイギリス兵を助けに行くところでした。船の積み荷を降ろし、代わりに救命胴着と大量の毛布を積むのを手伝っていたジョージは、出発間際にドーソンの船に飛び乗りダンケルクまで行くことにしました。

ドーソンの船には国籍を表すブルー・エンサインが掲げられています。この旗は、海軍の軍人(現役・退役・予備役を問わない)が船長又は一定数の人間が乗っている商船が掲げるものです。これにより船長のドーソンが元海軍の軍人だったことが分かります。

ブルーエンサイン 出典ウィキペディア

ちなみに、イギリス海軍の艦艇が掲げる旗はこちらです ↓

ホワイト・エンサイン 出典 ウィキペディア

一般のイギリス商船が掲げる旗はこちら ↓

レッド・エンサイン 出典 ウィキペディア

これらの旗は、それぞれの船の船尾に掲げられているので、映画で確かめて見てください。

 

途中、漂流している沈没船の船上にいる英国兵を発見し、助けます。彼はダンケルクに戻ることに反対し、ドーソン船長たちと揉み合いになり、弾みでジョージが下の船室に落ち、金具に頭をぶっつけて大怪我を負ってしまいます。

ドーソン船長は、そのままダンケルクの海岸目指して船を進めます。

3.THE AIR(空) 1時間

3機のスピットファイアが、撤退を支援するためダンケルクに向かっています。スピットファイアは航続距離が短い為、帰りの燃料を考えるとダンケルク上空にいられるのは1時間だけです。

3機はドーソン船長の船の上空を飛び、ダンケルクに向かいますが途中でドイツメッサーシュミットと空中戦となり、隊長機が撃墜されてしまいました。ファリアの機体も敵の銃撃で、燃料計が動かなくなりましたが他に異常がない為、コリンズの機と一緒にダンケルクへ向かいます。

あらすじ 後半

ここから3つの物語が一緒になります。沈没しかかった船から脱出して近くの掃海艇に乗ろうと海に飛び込むトミーとアレックスですが、フランス人のギブソンは服が引っ掛かり船と一緒に沈んでしまいます。

その掃海艇を狙うドイツのハインケル爆撃機と護衛のメッサーシュミットと戦う、二人のパイロット。

そして海に浮かぶイギリス兵を救助するため、ドーソンと仲間の船たちが、同じ海面で活動します。

救助したイギリス兵を乗せた掃海艇をドイツ空軍から守るために、メッサーシュミットの二人は攻撃を開始しました。この戦いでハインケル爆撃機は爆弾を投下する直前に、エンジンに被弾して逃げていきました。コリンズもメッサーシュミットから弾を受け海面に不時着水しましたが、ドーソンの船が急いで近づき、救出されました。

ファリアは、コリンズが救出されたのを確認した後、残ったメッサーシュミットを撃墜し、燃料が少なくなったため、いったんイギリスに帰ることにしました。しかし、バックミラーに新たな爆撃機が近づくのを見て、180度反転し、イギリスに帰るのを諦めて、再度ドイツ軍機に向かって戦いを挑みます。

トミーとアレックスは沈没する船を捨てて、掃海艇に向かって泳いでいました。そこに2機目のハインケル爆撃機が近づいてきます。

イギリス海軍の掃海艇は、ハインケルから爆撃を受け、トミーの目の前で沈没してしまいました。掃海艇から漏れた重油が漂う海から、ドーソン達の民間船は多くのイギリス兵を助け出そうとしました。

ファリアは最初の爆撃には間に合いませんでしたが、再び爆撃するために戻ったハインケル爆撃機を、撃墜することら成功しました。しかし、攻撃されたハインケル爆撃機は、救助作業を行っている最中の海面に墜落し、海面の重油に火をつけてしまいます。

ドーソン船長は、炎の海と化した海面から急いで離れました。トミーはドーソンの船から差し伸べられた手に掴まって、かろうじて救助されます。そこにはアレックスも乗っていました。

イギリス海軍が実施した『ダイナモ作戦』には海軍の要請に従って860隻の民間船が参加して、当初予定の3万~4万5千人を遥かに超える331.226名(イギリス軍192.226名、フランス軍139.000名)の兵士を包囲されていた、ダンケルクの海岸から撤退させることに成功しました。

最後に

この映画は、クリストファー・ノーラン監督のこだわりでCG(コンピュータ・グラフィックス)を使わずに、70㎜IMAXカメラによって撮影されています。

IMAXフィルムと他の規格との比較 出典ウィキペディア

上の図のように。通常の映画で使う35㎜フィルムの4倍の大きさがある70ミリフィルムを横送りで使い、さらに70㎜フィルムの3コマ分を1コマとして使用している為、細かい部分まで綺麗に撮影することが出来ます。

もし、家庭で見る場合はDVDよりもブルーレイで、できるだけ大きい画面で見ることをお勧めします。

この映画には、血みどろになったて手足が飛び散るような残酷な場面(人間全体が、爆撃でどっかに飛んで行ってしまう場面はあります)がないので、その点安心してみていることが出来ます。

 

sponsored link

亀仙人2

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



プライバリーポリシー