なぜ戦争が始まるのか 

映画からその訳を探ってみようby亀仙人2世

映画 「誓い」 ガリポリの戦いに参加した二人のオーストラリア兵士のお話

time 2017/05/24

映画 「誓い」 ガリポリの戦いに参加した二人のオーストラリア兵士のお話

映画 「誓い」

1981年 オーストラリア
「銃から弾を抜け。銃剣だけで突撃する。」

監督
ピーター・ウィアー

脚本
デビッド・ウィリアムソン

原案
ピーター・ウィアー

製作
ロバート・スティグウッド
パトリシア・ラヴェル

製作総指揮
フランシス・オブライエン

出演者
メル・ギブソン
マーク・リー

音楽
ブライアン・メイ

撮影
ラッセル・ボイド

題名の「誓い」は、どこから来たのだろう。原題はGallipoli(ガリポリ)で、「誓い」まのようそはまるっきりないのだが。

第1次世界大戦では、イギリスの植民地であるインドや自治領のオーストラリア、ニュージーランド、カナダ等から多くの若者たちが、イギリス軍として参戦した。

この映画はガリポリの戦いに参加した2人のオーストラリアの若者の映画です。

あらすじ

オーストラリアで短距離ランナーとしてライバル関係のアーチーとフランクであったが、若すぎて入隊できないと聞かされたフランクはアーチを故郷のパースに連れて行く。

ここでアーチを変装させ、さらに偽の身分証明書を作り入隊させることに成功した。乗馬が得意なアーチは軽騎兵として、フランクは歩兵とし別々の部隊に入隊した。

カイロの訓練キャンプで再会した二人は、アーチーの上司バートン少佐の計らいで伝令として同じ部隊に所属することになった。

総攻撃当日、第1波、第2波の攻撃が失敗に終わったバートン少佐は将軍の所に第3波の攻撃中止を求め伝令としてフランクを走らせる。

将軍から、攻撃中止の命令を受けアーチーのいる部隊に必死の思いで戻る直前、フランクの耳に攻撃開始の笛が聞こえてきた。

 

感想です

攻撃が始まるまで2人を含め部隊全体が、明るく陽気なのが目立ちます。

カイロのキャンプで敵・味方に分かれての突撃訓練の後、「無傷の者は負傷者をを運べ」との命令が聞こえた途端、全員がその場にバタバタと倒れ負傷者になったのを見た途端、主役のアーチーと一緒に笑ってしまった

上陸した海岸でも、長く戦場にいると慣れてしまうものか、最前線では悲惨な戦いをしているが、そのすぐ後ろでは兵士がゆっくり休んでいたり、空き缶で手製爆弾を作っていたり、海水浴などをしている。

突撃の前夜、隊長のバートン少佐は1人レコードを聴きながら、出発の時に妻から「結婚記念日に飲んでね」と渡されたシャンパンを飲んでいる。それを隊員たちが何も言わずに、温かく見守っているシーンが良い。

1発撃つのに手間がかかるライフル銃相手では、多人数の銃剣突撃が有効だけれど、1分間に何百発も打てる機関銃には歯が立たないことが、ハッキリわかります。

敵の塹壕に砲撃しても、砲撃の間は避難していて、砲撃後に戻ってくるので効果はあまりありませんでした。

第1次世界大戦中は、あちこちの塹壕で同じことが繰り返されていた。

 

ガリポリの戦いの解説は、こちら↓

第1次世界大戦、海軍大臣だったチャーチルが立てた作戦 ガリポリの戦い

ガリポリの戦の後、オーストラリア人の父親が息子を探しにトルコを訪れました ↓

映画 「ディバイナー 戦禍に光を求めて」 ガリポリの戦の後、オーストラリアの父親が息子を探しにトルコを訪れました。

ガリポリの戦いをトルコ側から見た映画です ↓

映画 第1次世界大戦での「ガリポリの戦い」をトルコ側から見た映画 。「シーバトル 戦艦クイーン・エリザベスを追え!!」

このサイトをご覧くださっている皆様へ

このサイトで取り扱っている映画は、DMMの宅配DVDレンタルで借りたものです。

DMMに入会すると、希望するタイトル(あらかじめリストに登録しておきます)が2枚づつ封筒に入れて、郵送されてきます。返却は同じ封筒に入れて郵便ポストに投函するだけです。

近くにビデオレンタル屋さんがない所などでは、助かると思います。

またこのサイトで扱っている映画のDVDは、店舗に置いていないことが多いため、探したり取り寄せてもらったりする手間を考えると、望む商品を直接自宅に届けてもらえるこのサービスは、大変重宝しています。

今はやりのネットによる動画配信サービスよりも、はるかに多い約50万タイトルのDVDを扱っておりますので、なかなか手に入りにくい映画も見ることが出来ます。

現在30日間無料体験サービスを行っておりますので、一度試してみることをお勧めいたします。




プライバリーポリシー